求人募集と私の転職体験談 | 美容室&写真館・フォトスタジオ併設シュルール|chorule(小平・東村山・田無)

求人募集と私の転職体験談

ブログをご覧の皆様こんにちは。

 

副店長の渡邉です。

 

先日、求人募集のブログを掲載しましたが今回は

 

私の転職体験談を載せたいと思います。

 

渡邉純 (30歳)♂ 既婚

美容師歴10年

シュルール 副店長

現在のサロン勤続年数2年3ヶ月

入社までのサロン経験数 2社

 

入社の理由ですが、

 

1社目のサロンでの先輩が現在のサロンのオーナー神崎でした。

 

言わなくてもわかると思いますが、神崎がダメな人であれば入社はしておりません。

たまに恐いですが

尊敬してます。これは僕に限った事でなくスタッフ皆が思っている事だと感じています。

 

 

 

1社目を4年勤務後に2社目のサロンへ転職。

2社目への転職理由ですが

 

「先が見えな過ぎた事」でした。

 

俗に言う有名店に勤務しておりました。

 

有名店が故に教育や仕組み、待遇等は良かったです。

 

が、先が見えなくなってしまったのです。

 

 

それは、その組織での自分の重要性やその後のビジョンを明確に見る事ができなかったのです。将来性的な感じでしょうか。

 

あとは、それを言い訳にして逃げたかったこともあったと思います。若かったですし。

 

 

そして2社目

 

このサロンも実は神崎と同じです。

 

そう

 

 

 

 

 

 

 

僕はストーカーです。

えへ♡

 

 

2社目は神崎の紹介で入社しました。

 

2社目では単に美容師をして稼ぎたかったのです。

 

ぞくに言う大型チェーン店で、労働条件は劣悪でしたがやれば稼げる。みたいなイケイケなサロンでした。

 

稼げると言っても普通の会社員よりちょっと良かったくらいでしょうか。

お金を巻き上げていたわけではないですよ。

給料面で待遇の良くない美容業界の中では、やった分だけ給料をいただけると言うのは

その時のモチベーションあげてくれたんです。

 

 

2社目で美容師5年目。その時やっと真っ当な生活が送れるようになりました。

 

そして2社目を4年勤続して退社。

 

3社目である今のサロンに転職しました。

 

転職理由は

 

 

オーナー神崎の信頼度とサロンへの将来性。

 

 

今後美容師を続けていって大丈夫か?

 

今の状態でいつまで生活していけるか?

 

 

そんな不安を抱え始めた頃でしたね。

 

 

 

弊社は企業理念を「生涯」としています。

 

これはお客様にとってもスタッフに対してもそうです。

 

 

フォトスタジオ併設の美容室ではスタッフ一人一人の重要性や役割、個人の成長や可能性、お客様との携わり方が普通の美容室と違うのです。

 

 

つまりシュルール、リーベルに勤務していると

 

自分の可能性を広げながらも会社にとってなくてはならない人材に成長できます。

 

 

 

これって自分にとってプラスになる事しかないと思っています。

 

 

 

 

転職、就職をお考えの方、きっと不安でいっぱいだと思います。

 

お話や見学だけでも大歓迎ですので気軽にお越しください。

 

 

是非お待ちしております。

 

 

 

 

 

 

 

TOP